湧いてくる感情を受け入れる。「感情の学校」に行って見た!

くやし~!!! とか

むかつく~!!!!とか

悲し~とか、寂しいとか etc、etc

まあ、人なので、そんな感情を感じる事はありまして^^;

けど、なんとなくの空気感で

「そんな思いを持ってるのは、恥ずかしい」とか

「そんな事を感じるなんて、人として?どうなんだ」

みたいな思いもあって^^;

ついつい、こんなネガティヴな感情は隠したい、知られたくないという思いに駆られがちですが。
どうもそんな感情について、効果的な扱い方?ギフト?

感情の本当の意味みたいなものが有るらしく???

そんな感情を学べる場

「感情の学校」

なるものの存在を耳にして、行ってきました

新小岩に在る、素敵な、カウンセリングサロン 「Compass」さん。

感情の学校

感情の学校って初めて聞きますよね

そう、振り返ると、学校では、道徳とか、社会通念と言うか
人と言うのは、こうあるべき!

的な、学びをした経験はありますが「感情の学び」って皆さん、経験ありますか?

逆に、感情を押し殺すというか、感情に左右されない的な学びは、色々な場面で、不可抗力的にというか、望む望まないを超えて、味あわせて頂いた、学ばせて頂いた様な気もしますが^^;

今回のテーマは「ネガティヴな感情の贈り物」

贈り物と言われても…..^^;

的な感じでもありますが。。。。^^

学校を思い出して動く感情

サロン自体は、本当、素敵なサロンで。

音楽とか、ほのかな、リラックスできる香りがしていて。

凄く、居心地の良い空間なのですが。

なんでしょ?「学校」っていう言葉に対する感覚と言うか、空気感でしょうか?
なんか変に緊張する自分が居りまして^^;

空気を読みだすんですね^^;

学校=ルールや規則を守る場!

というのを、勝手に思い出したり、感じてしまい、何故かとてもドキドキしてしまう自分^^;

(イケメンな校長!!!)

そんな事を感じながら、いよいよ授業?がスタートするのですが

まあ、授業というか、なんでしょう? まずは、先生の経験談というか、感情に対する思いから始まって。
それを前提に、ワークショップ形式ですね。

準備された、ワークシートに基づき、レッスンが進んでいく感じで。

向き合いたい感情、テーマを決める。

多少のネタバレ?ではありますが^^;

今回、テーマが、テーマなので、まずは、向き合いたいネガティヴな感情を決める流れに。

せっかく?なので、会の冒頭に感じていた感覚

「空気を読まなければいけない!」

と言う事に付随する、息苦しさというか、怒りと言うか、悲しみと言うか。

そんな感情と向き合ってみる事に。

みんなで感情をシェアしていく。

なかなかそんな感情、特に、ネガティヴな感情ですね。

それを分かち合うのは、どうかな?と思ったりもするのですが

先生方が、まずはお手本とばかりに、自然な感じで、感じている感情や過去に有った感情にまつわるお話をして頂けて。

そのおかげで、なんとなく、安心感が出てきて。

参加者の皆さんも、自然と、感じている事、抱えているネガティヴな感情を、シェアし始めて。

ネガティヴな感情を、分かち合う不思議な感覚。

結構、不思議な感覚、経験なんですね^^

場の空気感もあるのかもしれませんが、人のネガティヴな感情が、あまり気にならないというか^^;

なんか、そんな感情、思い、自分もあるある的な^^

そんな感覚を味わっていると、不思議と「こんな事を感じてるって言っても大丈夫なんだ」とか

それに釣られて「あ~そんな感情、自分にも眠ってたな~」って事が、思い出されていって。

なんか、他人事じゃないんですね。

その場に集まった方々の共通のテーマとして、それぞれの感じている「感情」が浮き彫りにされていって

それを皆で感じ合う。感じても大丈夫という雰囲気で味わっていると。なんでそんな思いを感じているのか、感じたのか? そんな源体験的なモノが思い出されていって。

忘れていた自分の声を思いだす。

なんか、色々思い出すんですよね^^;

昔の出来事とか、体験とか。

自分の場合はどうも、心の奥底で自分が感じている感覚と、目の前の人が表現している、表している感覚のギャップや違和感に敏感と言うか、その深い部分を感じたい、知りたい好奇心が強いようで。

学校における「こうしばければいけない!」とか「こうあらねばならない」
「それはそうと決まっている!」みたいな

一方的な、取り決めや、決まり事を、受け入れるのがとても苦手で^^;

何で?何で? みたいな、純粋な好奇心

そんな楽しい思いや、喜びから、聞いているのに、それを表現したり、伝えると怒られてしまう。

出来ない子、悪い子的に、罰を与えられた経験があって^^;

その時、学習したんでしょうね。

  • 好きな事、楽しい事を、表現するのは危険である。
  • その場に決められたルールを守る事が何よりも大切である。
  • その空気を読めるのが、優秀である。

みたいな事を^^;

だから、ついつい、癖ですね^^;

新しい場につくと、自然とそれを察してしまう。探ってしまう。

この場のルールは何で、何をするべき場なのか?

何を表現すべきなのか!

そんな、技術を知らず知らず、身に着けていて。

これ、そうですね、僕の事、ご存じの方、お気づきかもしれませんが

今回の文章も、そんな才能というか、技術というか

それを活かしつつ、若干空気を読んで書いてる自分に、今、気が付きましたが(笑)

自分の才能や、情熱、思いを取り戻す。

今回の「感情の学校」を通じてですね

これは、あらためてですが、なんか、自分の中、内側にある感覚ですね。

それは、喜びであったり、楽しさであったり。

理屈じゃなくて、感じている、自分の感覚が存在していて。

それを伝える、表現していると、嬉しいというか、楽しいというか。

そんな自分の中から湧いてくる事を感じる、味わう喜びや、楽しさ。

そして、それを分かち合える嬉しさですね

それを取り戻せた、思い出せた感じがして^^

この嬉しさとか喜びは、とまらない感覚でもあって^^

そう、今この、文章を書いているのも自分の喜びでもあるし

色々な経験を積んで、技術や、才能を開眼した自分は、空気を読みつつ
喜びを表現する? 高等テクニック? みたいなものも
身に着けていて^^

これは、自分の感覚ですが

ネガティヴな感情のギフト、贈り物は、2つあって。

一つは、そのネガティヴな感情と共に経験する事で身に着けた、開眼した才能。
もう一つは、その裏に眠っていた、無くならず、培われてきた、思いや情熱のギフトがあって。

感情を上手に扱えると、沢山のギフトを受け取る事ができる。

これって、ある意味ライフワークの原動力になるエネルギーでもあるし
そして、ライフワークに進むと、きっと自然と、感情と向き合う事に、なっていて。

なので

感情の扱いを学ぶ=感情の学校で学ぶ

と言うのは、これ、ある種、ライフワークの必須授業、必須科目なのかもしれません><
(良い事言うな~俺(笑))

次回、直近ですが

2/12の祝日の月曜日、15:00~17:30で開催されます。

 

お申込みや詳細情報はこちら。

20171205231816

道端で怒鳴っている人を見て不愉快になったり、銀行の窓口の対応が悪くてイライラしたり。あるいは、恋人に話が通じなくて悲しくなったり、株で損をして不安になったり・・・。 …

定期的に、開催されているので、気になる方、こちらのサイトを逐次、チェックしてみてください^^

PROFILE

Ryu
Ryu
外資系の社長を卒業して(廃校になったとも言う)独立。 プロデューサーという役割を軸に、コンサルとか、コーチング、カウンセリングをしながら、イベントを企画したり、セミナーを主催したり、面白い人のプロデュースをしている。 基本、めんどくさい事が苦手なのですが、めんどくさい事を防ぐためには、細かい事に全力でこだわる。そんな自分が、一番、めんどくさかったり......

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA