⑮管理画面からカスタマイズできるイロイロ(サイトタイトルやベースカラーなど)

WordPress Lightning カスタマイズ

こんにちは、natsukiです。

今日はサイトのカスタマイズをしてみます。
WordPressは、テーマによって管理画面からカスタマイズできることが違うのです。
HTMLもCSSもPHPも分からなくても、デザインなどを変えられるのはとっても嬉しい!
続きはテーマ「Lightning」のカスタマイズです。

カスタマイズの画面を開いてみる

WordPress カスタマイズ Lightning
左側メニューの「外観」>「カスタマイズ」をクリック。

WordPress Lightning カスタマイズ
これがカスタマイズ画面です。
左側に色々なメニューが出てきています。
右側には、カスタマイズ中のサイトのプレビューが表示されるので、そちらを見ながら調整していきます。
設定を変更したら、上にある「保存ボタン」をクリックして保存して下さい。

管理画面からカスタマイズできるイロイロ

①サイト基本情報

WordPRess Lightning カスタマイズ「サイトタイトル」と「キャッチコピー」を入れます。
因みにLightningではキャッチコピーはサイトには表示されません。
Googleで検索したときの表示や、Facebookなどでリンクをシェアしてもらったときに表示されます。
「サイトアイコン」というのはとりあえず置いておきましょう(笑)
ホームページを開いたりお気に入りに入れたときにタイトル左側に表示されるアイコン画像です。
無くても大丈夫なので、後で作ったらここから入れることができます。

②メニュー

メニューは⑭メニューの作り方を見て下さい。
このカスタマイズ画面から設定することもできます。

③ウィジェット

ウィジェットは⑯サイドバーやフッターに何入れる?(ウィジェット)を見て下さい。
これもカスタマイズ画面からも設定できます。

④固定フロントページ

中身が空の固定ページ「ホーム」と「ブログ」を作る

この設定をする前に、固定ページを2ページ作る必要があります。
⑫固定ページを作ろう
WordPress 固定ページ フロントページ 作成
「カスタマイズ」から一度離れて(変更ボタンをクリックして、一度保存しましょう)、左上の「×」をクリックすると、いつもの管理画面に戻ります。
左側から「固定ページ」>「新規追加」をクリックして、画像のような固定ページを作ります。
タイトルは自分がトップページだと分かりやすいものを。例えば、「ホーム」「トップ」などとつけましょう。
パーマリンクは後で勝手に変更されるので、自動的に作られたものそのままでOKです。
そして固定ページ本文は、空のまま更新します。

同じように、ブログ用の固定ページも作ります。(何のことか分からないと思いますが、ここでは手順通りに進んで下さい)
同じくタイトルは「ブログ」など自分が分かりやすいものにして、本文は空のまま更新します。
こちらの記事⑫固定ページを作ろうも参考にして下さい。

「フロントページ」と「投稿ページ」を設定する

WordPress Lightning カスタマイズさて、無事に固定ページが作れたら、カスタマイズ画面に戻ります。

この「固定フロントページ」という意味はちょっと分かりにくいので、理解するのは後にして(汗)、フロントページの表示は「固定ページ」を選択。

フロントページと投稿ページには、先ほど作った固定ページのタイトルを選んで下さい。

フロントページの表示を「固定ページ」「最新の投稿」どちらにするか

Ryuから「何で固定ページにするの?この意味は何か分からない(汗)」という指摘を受けて、追記します。

フロントページ、つまりトップページのことですが、これを固定ページにすると、指定した固定ページ(今回の場合だと「ホーム」)の本文に書いてある写真や文章がトップページに表示されるようになります。
つまり、トップページの中身に表示されるのが、「トップページコンテンツエリア上部」のウィジェット(参考:⑯サイドバーやフッターに何入れる?(ウィジェット))、その下に「ホーム」に入力した本文になります。
「ホーム」に何も書いてなければ、その部分には何も表示されません。

フロントページを「最新の投稿」にすると、トップページの中身に表示されるのが、「トップページコンテンツエリア上部」のウィジェット、その下に「最近のブログ記事10記事」となります。(初期設定はこちらです)
この場合、ここに表示される「最新の投稿」は10記事という数も変更できないし、カテゴリーを指定することもできません。
でも、「LTGコンテンツエリア投稿リスト」というウィジェットで投稿の一覧を表示させるなら、特定のカテゴリーを選んだり、本文抜粋を表示させるのか、本文全文を表示させるのか、など、自分の好きにカスタマイズができます。

その他にも色々違いはあるのですが…
要は、フロントページの表示は「固定ページ」にした方が、トップページのカスタマイズの自由度が広がる、とイメージして下さい。

⑥Lightningデザイン設定

WordPress Lightning カスタマイズ デザイン設定
さて、いよいよデザイン設定です。

①デザインスキン

気にしないで下さい(笑)
多分今後、このLightningを配布して下さっている株式会社ベクトル様が、デザインスキン(デザインをカスタマイズするもの)も配布して下さるのではないかなと思ってます。
もちろん個人でも作ることができますが、今はパス。

②③モバイル時のメニュー

WordPress Lightning カスタマイズ デザイン設定
実はこのカスタマイズ画面、一番下にあるパソコン、タブレット、スマホのアイコンをクリックすると、それぞれで見たときにどのように表示されるのかプレビューしてくれちゃいます。
この画面を見ながら、モバイル(スマホなどの小さい画面で見たとき)のメニューボタンの位置や、開き方を選びます。

④ヘッダー画像ロゴ

タイトル部分を画像で作ったときは、ここに入れます。
画像が無かったら、サイトタイトルがそのまま文字で表示されます。
ここはそのままにして次に進みましょう。

⑤キーカラー

WordPress Lightning デザイン設定
サイトのイメージカラーをこちらから選べます。
好きな色を選んで色々試してみて下さい。

⑥その他

WordPress Lightning カスタマイズ デザイン設定

トップページを1カラムにする トップページにサイドバーを表示しないという意味です。
試しにここにチェックを入れてどうなるか、見てみて下さい。
変更されるのはトップページだけです。
投稿詳細ページで最終更新日を表示しない チェックを入れなければ、ブログに最終更新日が表示されません。
投稿詳細ページで投稿者名を表示しない チェックを入れなければ、ブログの投稿者名(ニックネーム)が表示されません。

⑥Lightningトップページスライドショー

トップページスライドショーは長くなるので、⑰ヘッダー画像(スライド)を作って入れようになります。

PROFILE

natsukiWEBクリエイター
WordPressでサイトを作ってます。 とにかく面白いコトが好き。面白い人には簡単についていきます。 福井在住。東京に時々出没。3児のシングルマザー。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA